専門語学・海外研修

専門語学・海外研修概要

グローバル化が進む中、英語は共通語として機能しています。経営学部では特に口頭による英語運用能力の向上を目的に、様々な科目を設定しています。「コミュニケーション英語I・II・III」は、英語音声の特徴を理解した上で聞き取りと発音の訓練をするところから始め、スピーキング能力を段階的に伸ばすよう配置されています。また、特にビジネスシーンで使われる表現について学ぶ「ビジネス英語I~IV」も提供されていて、将来の職場で起こりうる場面を疑似体験することができます。

外書講読I・IIの‟英語で学ぶ経営学シリーズ”では、英語で世界のビジネスを理解していきます。

上記の科目で学習した成果を発揮する場が、経営学部が主催する夏期海外研修です。オーストラリアのグリフィス大学(ゴールドコーストキャンパス)での研修は、各国の留学生とともに学ぶチャンスであると同時に、企業訪問によって現地の生の情報を得る機会でもあります。約1ヶ月の滞在は、その期間での英語力の上達を感じると同時に、帰国後の学習への強いモーティベーションとなるでしょう。

主な講義紹介

■ コミュニケーション英語I
担当教員 : 山本 誠子 准教授
日常会話の基本となる語彙や表現について、リスニングと発音練習を中心に授業を進めます。「音で理解できる単語の連なり」を増やし、相手に理解される「発音基本セット」を練習します。この科目はいわば「耳と口の筋トレ」で、コミュニケーション英語ⅡやⅢの土台となるものです。発音練習にはコンピュータソフトも利用しながら進めていきます。
■ コミュニケーション英語II
担当教員 : トーバート , A . C . 准教授
この科目では静かに講義を聴くのではなく、受講者同士が活発に発言することを前提としています。中学、高校程度の英語の語彙や文法を使って、自分の身の回りの状況や考えを相手に伝えたり、相手の状況や考えについて問いかけたりする練習をします。クラスメイトとの会話を通して「英語を習う人」から「英語を使う人」への1歩を踏み出してください。
■ コミュニケーション英語III
担当教員 : トーバート , A . C . 准教授  ロベッツ,K.R.講師
旅行やレジャー、スポーツ、大学生活、仕事などの日常生活について、実用的な英語コミュニケーション能力を高めることを目的とします。この授業では主に話すことと聞き取ることを中心とした活動を行っていきます。実用的な英語コミュニケーションに役立つ表現と単語を身につけていきます。自信をもって話せるようにさまざまな英語を話す練習を行ないます。
■ ビジネス英語I・II・III・IV
担当教員 : ロベッツ , K . R . 講師
The Business English classes Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ at Kobe Gakuin will give you a great chance to learn about business practice and business and economic issues from a native English speaker. The classes are done in 100% English, so there is a lot of time to make your listening better. Useful vocabulary and expressions for practical business English communication are introduced during the lessons, and role-play activities help students prepare to use the language in a variety of business situations.
■ 外書講読I・II・III
担当教員 : 浜本 宏 教授 山本 誠子 准教授
「外書講読」という言葉からは、ひたすら英語の本や雑誌を輪読するイメージがありますが、この科目では、学生が主体的に活動に参加することで学んでいく方針で、様々なテーマを提供しています。世界の諸問題についてビジネス及び文化的視点から考察しつつ、基本的な英語力の確認と獲得のため、reading,writing,listening の能力を磨くタスクを行う科目や、世界の様々な地域事情を英語で理解し、グループワークによって発展的リサーチを行い、プレゼンテーションに結びつける科目などがあります。TOEIC対策科目も、ここに含まれます。