2020年度 ビジネスC3
2/16

==3つのCって何?なな【ビジネス シーキューブ】C3Business C³(ビジネス シーキューブ)Can Do Spirit×Career Forward×CSR熱意×努力×考え方16年前の2004年に誕生した神戸学院大学経営学部では、21世紀型のビジネスの成功には、次の3つのCが大切であると考えています。最初のCは、「為せば成る」の精神Can Do SpiritのCです。意欲や熱意がなければビジネスは成功しません。「為せば成る」は米沢藩主・上杉鷹山が家臣に与えた歌の最初の一節として有名ですが、チャレンジ精神と言い換えてもよいでしょう。ビジネスを学びビジネスを志す者にとって、このCan Do Spiritはとても大切です。2つめのCはCareer ForwardのC、「キャリアアップ」のことです。これは努力で達成するほかなく、専門的な知識や特別な技能を身につけないとビジネスでは成功しません。匠の英知や技は一朝一夕にはマスターできません。基本からコツコツ学んでいくという、地道な努力を続ける姿勢が大切です。人にはそれぞれ個性がありますが、この個性をキャリアに結び付けるのがCareer Forward(キャリアアップ)の基本となります。ようざんたくみ最後のCはCSR(Corporate Social Responsibility)のC、「企業の社会的責任」という考え方です。いくら儲かるビジネスであっても「社会正義」に反する行為をすれば、いつかは社会から厳しい批判を浴びて市場から退出せざるを得なくなります。ビジネスを永続させるためには、採算性だけでなく社会性という視点を持つことが大切です。ビジネスの業績は環境問題や人権問題、地域貢献という尺度でも評価される必要があり、とくに21世紀型のビジネスモデルの構築には不可欠の考え方です。これら3つのCは、単なる足し算で考えるのではなく、掛け算で考えることで、大きな相乗効果を期待できるでしょう。すなわち、となります。=熱意×努力×考え方=Can Do Spirit× Career Forward× CSRビジネス シーキューブ

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る